不況の影響もある

grieving in the cemetery

ひと昔前までは、亡くなった家族を供養する場所はお墓というのが常識でした。ですが、時代と共に納骨堂も選択肢の一つになっています。そして最近では、納骨堂を選ぶ人は珍しくなくなっているんです。それは、納骨堂にはメリットがあるからなんです。
納骨堂を選ぶ理由として多いのがお墓よりも費用が安いということです。昔の考えであれば、少しお金を無理してでも、亡くなった家族を良いお墓に入れてあげたいという気持ちがありました。また、亡くなる本人が残る家族に負担をかけないために、お墓のお金を残しているというケースも少なくなかったんです。ですが、今は不況が長引いています。いくら大事な家族のためであっても、無理をしてお金をかける余裕がなくなっているんです。また、亡くなる前に自分でお墓の費用を残しておくことも難しくなっているんです。
お墓にかかる費用は地域によって大きく変わります。ですが、安くても200万円から300万円が必要です。これだけの余裕がある家庭はなかなかないでしょう。ですが、納骨堂であれば相場は30万円から40万円程です。なんと最も安い場合であれば10万円以下に抑えることも可能なんです。
家族を供養する上で大事なことは気持ちです。決してお金をかけることではありません。そういった根本的な思いと、不況の影響で費用が安い納骨堂を選択する人が増えています。不況が続く限りは納骨堂の利用者が減ることはないでしょう。費用に余裕がないという方は納骨堂を選ぶのも悪いことではないはずです。